ホーム  >  仲介手数料無料ZEROのブログ  >  不動産屋の専門用語

「不動産屋の専門用語」の記事一覧(1件)

仲介手数料無料の営業マンがお伝えする!「個信」コシン編
カテゴリ:不動産屋の専門用語

初めましてライフ・ネット・ホーム株式会社の中村俊平です。



ここでは不動産屋さんの中で良く飛び交っている業界用語をお伝えしたいと思います。

実は私自身、不動産業界に入りたての頃は先輩達が何を言ってるのかチンプンカンプンで1人で外国にいるような気分でした。笑

芸能界のように分かりやすい「シ-ス-」寿司などとは違い、お堅い言葉を短くしているだけなのであまり面白くはないのですが、これから不動産業界に入る新入社員の方や、マイホームを買おうとしている方にちょっとでも役に立てればと思います。







「個信」コシン編 コシンとは「個人信用情報」のことです。

本当に漢字のままで、個人の信用を表す情報です。 具体的には、今まで何のクレジットカードを持っていたのか、、、車のローンを組んだのはいつかなど、、、 過去5年間の分割でお金を支払った履歴、、、などなど つまりはちゃんとお金を支払っているかが分かります。


★実は住宅ローンを組むにあたってこの「コシン」が最も大事です。



例えば、、、A様 年収1000万円・上場企業勤務の方・コシンに問題あり      
      B様 年収300万円・派遣社員の方・コシンに問題なし


この場合、住宅ローンが通るのはB様です!!


A様は年収も高く、お勤め先も上場企業で、収入面には文句も付けようがありません。
それに対しB様はA様に比べると、年収も低く、派遣社員ということもあり長期間働ける可能性がA様に比べると B様の方が不安定と予想されます。

しかし住宅ローンが通りやすいのはB様! 何故でしょう、、、、、、 理由は至ってシンプルです。

A様はお金持ちかもしれませんが信用がないのです。

お金はあっても支払いが全然ちゃんと払っていない方に信用はありませんよね、、、
一度お金を貸す側の気持ちを想像してみましょう。

銀行さんは審査する方の「コシン」を見ることが出来ます。
もちろん審査用紙にコシンを見る同意欄があり署名、捺印がないと勝手には見れません。


(○○銀行 住宅ローン担当) 「A様は会社も収入も問題ないなー。むしろ素晴らしい! よし次はコシンを見てみよう!・・・ あれれ!? クレジットカードの支払いや車のローンの支払い、携帯電話の割賦支払いなど 毎月の支払いが遅れたり、ちゃんと支払われてたり、、、 収入もお勤め先の会社も問題ないがA様の人間性に問題ありだな、、 これでは住宅ローンを融資してもちゃんと支払ってくれる可能性が低いなー。 もったいないなーでも仕方ない否決!!ルールですからね。 ・・・A様に電話しよう。
もしもしー○○銀行の・・・・」

残念ながらA様は否決、、、、


一方B様は・・・

(○○銀行 住宅ローン担当)

「B様は派遣社員でも収入も少ない。融資額が少なければぎりぎり通るかな? よし次はコシンを見てみよう!・・・ 携帯電話の割賦支払いの履歴、、、、カードの支払い、、、、 全て1回も遅れなく支払われている!! 素晴らしい!この方はとても信用できる方だ! 可決!!

・・・B様に電話しよう。 もしもしー○○銀行の・・・・おめでとうございます!!」

会社や収入に関してはA様に劣るのかもしれませんが 真面目が一番ということですね。


かなり長くなってしまいましたがこんな感じの説明で伝わるでしょうか・・・

「個人信用情報」 「コシン」 住宅ローンを組むにあたってかなり大事なことが分かりましたよね。

この記事を読んで頂けた方は自分は大丈夫だろうかと気になったのではないでしょうか。
実は調べることが出来ます。 「CIC 情報開示」と検索してみてください。


自分の個人情報が取得することが出来ます。

A様もこれを見てこれからの改善に役立てて欲しいですね。
5年間でだいたいの個人信用情報は消えますので A様は一生住宅ローンが通らないわけではありません。
しっかりこの先支払っていけば個人信用情報はきれいに生まれ変わるのです。

不動産業界に入ってつくづく思いますが このコシンで住宅ローンが通らない方はかなり多いです・・・

B様の様に1回も支払いを遅れたことないなんて方は、10人1人くらいですかねー


私も実は1回遅れた履歴がありました・・・笑 スポーツジムの支払いだったかな・・・
そういえばしばらくいけてないですね・・・


それでも住宅ローンは通ってます。 個人信用情報に不安のある方でも是非諦めず一度お問い合わせください。

一生に一度のお買い物ですから すぐに買えなかったとしても次の機会があるのです。
将来買うために今のうちから相談っていうのもありですね。



こんな感じで不動産用語をちょくちょくお伝えしていきたいと思います。。。
誤字脱字や言葉のチョイスが不快に思わせてしまったらすみません。
ではまたの更新でお会いしましょう。 最後まで見て頂きありがとうございました。



仲介手数料無料のZERO 中村俊平

ページトップへ